サイトメニュー

過剰な咬筋を抑えよう

女性

顔の筋肉太りは注射で解決できる

小顔になるためにはリンパの巡りを促して余分な水分を排出する、ダイエットで顔に付着した脂肪を落とすなどの方法があります。一方でエラが張り出している場合は咬筋の発達が顔太りの原因ですから、ボトックス小顔施術が役立ちます。生まれつき顔が大きいという人もいれば、年とともに大きくなってくる人もいるのです。一般的に身長が低い人は、ボディに対して相対的に顔が大きい傾向がありますが、エラ張りに関しては身長はほとんど関係ありません。咬筋という筋肉を使いすぎており、過剰に発達することで四角いフェイスラインに変化しているのです。ボトックスで小顔になれる仕組みは、過剰発達した咬筋を緩めて本来の状態に戻すことです。モノを噛むときに右側の顎ばかり使っていると、右顎の咬筋が過剰発達して左右のフェイスラインがアンバランスになることがあります。左右非対称の場合はボトックス小顔注射で咬筋を緩めていけば、バランスよい顔立ちに変えることが可能です。注射一本で顔痩せできるのが特徴で、注射をしてから2〜4週間くらいかけて顔が痩せてきます。効果は永久的に続くものではなく、3〜6ヶ月に1回は受ける必要がありますが、回数に比例して持続期間が延びていくことが多いです。

ボトックスで小顔になる仕組みは咬筋の緩和にあり、減退した筋肉は必然的にあまり使わなくなるのです。人間の身体は使わない部位から衰えていく仕組みがあり、その原理を活用したのがボトックス注射です。施術は健康保険の適用外のため10割の自己負担ですが、それゆえ贅沢な治療が可能になっています。極細の注射針を採用しているクリニックが多く、細いほど痛みを軽減できるのが特徴です。噛み締め・食いしばり対策としても活用されており、これも筋肉を緩和させるのが目的です。効果が出始めるにつれて食事のときにモノを噛みにくいと感じる人が多いですが、この症状は次第に軽減していきます。年齢がまだ若いのにフェイスラインが崩れてきた場合、咬筋の発達が問題かもしれません。ボトックス注射で小顔矯正をすれば、逆三角形のフェイスラインが実現するでしょう。顎がシャープになると実際の痩身効果以上に見た目が変わります。小顔効果はすぐに現れるわけではなく、ある程度時間が経ってから少しずつ発現してくるので、周囲にバレにくいメリットがあります。ダウンタイムはほとんどなく、施術後はいつもどおりの生活に戻れるのがメリットです。麻酔を使用しない場合は痛みがありますが、刺すときよりも液剤注入時のほうが痛みがあるという人が目立ちます。